大阪府の母子寡婦福祉大会に出席し、母子家庭で頑張られている体験談等を伺い感動しました。一言ご挨拶させていただきました。
『私は4歳の時に父を亡くし母子家庭で、母に愛情一杯育ててもらいました。母を心から尊敬し大好きです。

幼少期の好きな食べ物は、家の横の川で釣ったアメリカザリガニの塩焼と食パンのミミだったりと、貧乏を愚痴りそうになる私に、人の家庭と比べたり、愚痴や文句を嫌う母は『よかね!人は人、自分は自分よ。』と、人と比較せずに自分自身に生きること。自分の人生は自分が変えることができること。宿命を使命に変えることを教えてくれました。

今年結党50年を迎えます私達公明党は50年前からずっと変わらず『大衆福祉の公明党』を掲げ戦ってまいりました。今年もご指導ご鞭撻よろしくお願いします。』
偉大なお母様方に幸多からんことをお祈りしてます。