午前中、英国王立国防大学(RCDS:Royal College of Defence Studies)ご一行23名を議員会館にお迎えして『集団的自衛権と公明党の役割について』45分プレゼンし45分意見交換を行いました。

RCDSは、将来のリーダーに対し、組織における高い責務を遂行できるようにするため、分析力、国防及び安全保障に関する知識及び戦略的思考を育成することを目的として、英国はもとより、海外の軍人、政府職員あるいは民間企業の高級幹部の教育を行っている機関です。

私はポールスミスのネクタイをし気合いを入れて、英国海軍大佐、空軍大佐、元空軍少将やサウジアラビア、ヨルダン、パキスタン、ブラジル、イスラエル、ノルウェーの軍事関係の皆様とじっくり意見交換をすることができました。
世界の平和と繁栄の為に頑張って参ります。ありがとうございました。