今朝の大阪府の党議員総会では、①政教分離の原則、②景気のええ大阪になるためにの2点についてお話しました。
① 政教分離の原則
昨日7月11日の東京新聞の佐藤優さんの「本音コラム」以下の記載が(要旨)。「新党大地の鈴木貴子衆議院議員が提出した政教分離に関する質問主意書に対して、6月24日の閣議において、安倍首相名で答弁書が決定された。そこには『憲法の定める政教分離の原則は~宗教団体等が政治的活動をすることをも排除している趣旨ではない』と記されている。この答弁書を読んでキリスト教徒である筆者はほっとした~この原則を安倍政権が再確認してくれたおかげで『宗教団体や信仰を持つ者が政治に口出しをするな』という状態が近未来に生じることはなさそうだ。」

至極当然の当たり前のことですが、当たり前のことだけに大事なことだと思いご紹介させていただきました。

政権与党は一瀉千里に国民の皆様の臨む優先課題に取り組んでいかなければなりません。その優先課題の最たるものが「景気のええ大阪に!」であります。

それについては明日書きます。