【黒部ダム視察レポート】
昨日は、我が党の佐藤しげきさん、石川ひろたかさん、國重徹さん、伊佐進一さん、杉ひさたけさんと一緒に黒部ダムをはじめとする黒部川流域の発電施設を視察させていただきました。
大正時代から、まさに人海戦術で電力の安定供給の為に、と創り守られてきた施設の見学に身が引き締まる想いでした。

戦後、日本は急速な経済復興による関西の電力不足が社会問題になっていました。そこで、豊富な水量と大きな落差から水力発電の適地とされながら、厳しい自然条件によりダム建設を阻んできた黒部川に、”くろよん”建設工事を挑むことを決定。

昭和31年8月、まず資材輸送路「大町ルート」工事に着工。大町トンネル(現関電トンネル)大町側から掘削が開始しました。
大町トンネルの開通は、“くろよん”建設で最大の難工事 。掘削が始まったものの、翌年5月に破砕帯と激突し暗礁に乗り上げたように思われました。しかし、関電さん、建設業者さんらが全ての知識と経験を結集し、距離わずか80mの破砕帯を7ヶ月の苦闘(手掘りで、一日20cmしか掘り進まね日も)の末突破したのです。その様は石原裕次郎さん主演の映画『黒部の太陽』に描かれ、今に伝えられています。昭和38年6月、黒四建設工事の竣工式を迎えました。7年の歳月と513億円の工費(現在価値で1.3兆円も)、延べ1千万円の人手、171名の尊い犠牲により完成。その後、ダムは本来の目的であった関西への電力供給を始め、日本の経済成長を助けました。
大正時代から昭和を経て現在も、黒部川流域の最大発電で約90万kwの電力を発電し(原発1基相当)、関電発電分の3%を発電する施設群を創りし先人の皆様に、そして春夏秋冬守り続ける皆々様に心から感謝します。
ありがとうございます。