7月31日のことになりますが、公明党青年委員会として、首相官邸で安倍晋三首相に対して「青年政策アクションプラン2015」を手渡し提案しました。具体的には以下の4点の重点項目を私から説明し提案しました。

11863325_916181768476089_255114933506556113_n
総理から具体的に⑴地方版政労使会議はいいですね。具体的に取り組みたい。⑵公明党が強く主張してくれたおかげで実現した。若い皆様の声をしっかり聴いていきたい。と2点の前向きな発言がありました。しっかりフォローして参ります。
私たち公明党青年委員会は、若い人に光を当て、若い人の声を徹底して聞き共に素晴らしい日本、世界を創る!と決めました。

11180635_916181785142754_6356193056124744580_n

以下はアクションプランの重点項目です。

①若者の所得増大
若年層の安定的な昇給や子育て世代への重点的な賃金配分、非正規労働者の正社員化など、政労使による「賃金の配分に関するルール」づくりを一層推進し、若者の所得を増大させる。また特に若者賃金上昇のために、新たに『地方版政労使会議』を設置する。
②「ブラック企業」・「ブラックバイト」根絶
「若者雇用促進法」を早期に成立させ、労働法令違反が疑われる企業への監督指導や若者の離職率が高い業種での雇用管理の改善を進め、「ブラック企業」・「ブラックバイト」を根絶する。
③若者の投票率向上
18歳選挙権の実現に合わせ、大学キャンパス内等への期日前投票所の設置など投票環境を向上させるとともに、初等中等教育でのシチズンシップ教育を推進することで、若者の投票率を向上させ、政治参加を促進する。
④多様なライフスタイルを応援
ライフスタイルの多様化を踏まえ、一人暮らしや親等と同居する独身者に対し結婚支援をはじめ総合的な支援を行い、性的少数者も含め誰もが暮らしやすい社会を構築する。