25日(土)、新宿スポーツセンターで『よしくら正美』の応援演説やらせていただきました。
素晴らしき現場第一のよしくら先輩が昔、藤井富雄大先輩(元公明代表で現在88歳。先日僕も始めてご挨拶しましたがすごくお元気でした)から、『何、電話してんだ!現場で話してこい!』と怒られた、とのエピソードを教えてくださいました。

公明党の原点であり財産である現場のお一人お一人の声。今こそ、市民の英知で政治を変える公明党の役割・政治がクローズアップされている時はありません。
また、16時から18時まで中野区を自転車で回りました。いや〜見ず知らずの地を自転車で、素晴らしく楽しく、高校以来、『真っ赤な自転車』を口ずさんでしまいました。中野の皆様のありがとうございました。
終電で大阪帰ります!